ノーローンで確実に融資を受けるための4つのポイント

できるだけ低金利で、欲を言えば無利息でお金を借りられればありがたいですよね。

 

そのようなカードローンを探している人ならば必ず“ノーローン”って聞いたことがあると思います。ノーローンは、新生銀行グループが扱っているカードローンサービスです。

 

その特徴は、「なんどでも1週間無利息」でお金が借りられるということ。〈出費が重なって、お給料日までの生活がちょっと苦しいな…〉とか、〈風邪が治らなくて、診察料やお薬代など思いがけず出費が重なってしまったな…〉という、ちょっとの期間の補填でカードローンを使いたいと思っている人には特にお勧めのサービスです。

 

ノーローンもカードローンのひとつですから、利用するためには審査は必須です。以下では、審査にパスするための4つのポイントを紹介したいと思います。

 

自分に負担のかからない希望額の設定を

 

ノーローンで確実に融資を受けるためのポイントのひとつは、よく考えて希望額の設定を行うことです。そのとき自分が必要だと思う金額を、希望額として申告すれば問題ありません。

 

けれども収入に対してあまりにも高い額を希望額として設定したり、反対にあまりにも少ない額を設定したりする場合は審査にパスしない可能性があるのです。

 

融資希望額の相場が決められているわけではないですし、そのように言われると審査にパスできるか不安になるかもしれません。大切なのは、返済のときに自分に負担のかからない希望額を設定することだと思います。

 

利用目的の内容は品行方正なものを

 

ポイントのふたつめは、記入する利用目的の内容に気をつけることです。借入れしたお金をどのようなことに利用しようと、それは借りた人の自由です。融資を申請するとき、利用目的を書く必要があります。

 

この利用目的をパチンコや競馬といったギャンブルにしてしまうと、審査に落される可能性があります。利用目的に記載する内容は、品行方正な内容の方が審査にパスすると思います。例えば、生活費の足しにする、レジャーに利用するといった感じでしょうか。

 

個人情報は正確かつ正直に記載を

 

ポイントの3つめは、個人情報に関する内容は正確に書くことです。個人情報に関する内容は、ノーローンの審査に直結する傾向があります。特に仕事に関する個人情報は、十分な注意を払って記入する必要があります。勤務先の名前や住所、勤続年数など、存外記入ミスが発生しがちだからです。

 

また、偽の情報を記入することは絶対にやってはいけません。例えば、実際には勤めていない会社名を勤務先として書くということです。

 

審査の際には必ず在籍確認を行います。在籍確認のときに、嘘はすぐにばれてしまいます。個人情報は正確かつ正直に記載してください。

 

現在の借入状況の申告は正直に

 

ポイントの4つめは、現在の借入状況を正直に申告することです。個人情報と同じくらい審査に直結する項目が、現在の借入状況です。

 

他社の金融機関からも融資を受けている場合、どのくらいの額を借りているのか、借入件数は何件なのか正直にかつ正確に申告することが大事です。心象を良くしようとして過少申告をしたとしても、信用情報機関で調べればすぐに嘘だとばれます。

 

心象を良くしようとしたつもりでも、逆に心象を悪くするという結果を招きます。借入状況の申告は、正直にするべきです。

 

↓ノーローンよりもおすすめのカードローン↓

 


 

アコム